借金と利子

2015年は、アベノミクスの真価が問われる年となっており、景気の転換期として不安視されています。
現状の企業意識調査によると2015年の景気の見通しが回復すると見込んでいる企業は約13%であり、悪化すると見込んでいる企業は30%に近い数字がでています。
企業に雇用されている私たちにとってこの景気の左右は直接生活に関わり、例え、回復傾向にあったとしても、その影響が私たち消費者に届くには時間がかかるものです。
このような景気の中でも自身の生活に終わりはありません。
人並みの生活を続けていくためには、今まさにお金が必要だけれども手元にはないという方がいるかもしれません。
そのような時には、「借金」という手段を取る方もいらっしゃると思います。
しかし、借金という言葉には良いイメージはなく、マイナスイメージしかないのが現実です。
そのマイナスイメージをもたらしていると思われる原因は「利子」という存在です。


利子とは、通常「利息」と同じ意味で使用されており、お金を借りた側が貸し主に対して借りた金銭に、ある一定利率で支払わなければならないものです。
一言で簡単に説明するとお金を借りるためのレンタル料ということです。
借金をする消費者は、このレンタル料でもある利子が安い金融機関を求め、借入れを行っていきます。
一昔前までは、高額な利子が請求されることが多々あり、返済しているにも関わらず完済できないという現状がありました。
しかし、現代では金利の上限が引き下げられており、一定以上の金利を催促されることはありません。
しかし、中には審査をあまくし、高額な利子を請求するという法律に背く行為を行う悪質な業者や、昔からの利子を継続して支払わせている業者も存在します。
借金に手を出す前にその業者の利子が妥当なものなのかを判断しなければいけません。


■厳選リンク
借金返済に関する相談やアドバイスを無料で受けれる法律事務所のサイトです=> 借金 返済

Copyright © 2014 借金という手段 All Rights Reserved.